体験談で判明!行政書士に独学で受かる方法

行政書士と司法書士の違い

行政書士と司法書士という2つの資格の違いについて解説しています。

行政書士と司法書士、どう違うの?

法律系の士業資格としてよく耳にするのが、行政書士と司法書士だと思います。でも、両者の違いをわかっている方はあまり多くないのではないでしょうか?

なんとなく言葉の雰囲気が似ているし、仕事の内容も似ていそう。でも、もちろんこれらは違う資格。仕事の内容も資格試験も違います。行政書士資格を目指すなら、行政書士と司法書士の違いも理解しておきましょう。

専門性の違い

行政書士と司法書士は、そもそも管轄する省庁が別です。行政書士は総務省、司法書士は法務所が管轄する資格。というのも、この2つの資格は業務の専門性が違うため、管轄省庁も別にする必要があるのです。

行政書士は、司法に関わらない範囲での書類作成が業務の中心。対して、司法書士は司法関係の書類作成などを専門として扱うための資格です。したがって、司法書士のほうが専門性が高く、行政書士からのステップアップの資格が司法書士だと言えます。行政書士資格試験の合格率が8~10%なのに対し、司法書士試験は約3%と低く、難易度も高くなっています。

仕事内容の違い

行政書士は一般的な書類作成を手がけるに対し、司法書士は専門性の高い書類作成を手がける資格。実際の仕事内容にも違いがあります。たとえば、遺産相続に関する書類作成。遺言書の作成や、遺産分割協議書の作成などはどちらの資格でもできます。しかし、相続登記や家庭裁判所に対する調停、申立書の作成などは司法書士の専門分野です。

また、会社設立については、定款の作成や公証人役場での認証手続きはどちらの資格でもできますが、会社設立登記手続きは司法書士の仕事です。

行政書士の専門範囲はない?

では、行政書士の仕事がないのでは…?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。実際にはそういったことはありません。司法書士資格は専門資格なので、定められた業務以外のことはできません。たとえば、役所に対する許認可手続き、自動車関連の手続き、外国人ビザ作成などの国際関係の手続きは専門とする資格がないため、行政書士の仕事の範囲となります。

したがって、司法書士は専門的な業務を、行政書士は専門資格が取り扱えない一般の手続きを取り扱う資格だと言えます。

行政書士からのステップアップで司法書士を目指す

行政書士と司法書士の両方を取得しておけば、手続き関係のプロフェッショナルとして仕事の範囲が大きく広がります。通信講座などで行政書士を取得した場合は、無料で上級資格の講座を受講できるサービスがあります。せっかく行政書士資格を得たのなら、続けて司法書士を目指すのも良いと思います。

独学派必見!行政書士の通信講座最安ランキングBest3

行政書士の通信講座最安ランキングBest3

ユーキャン

ユーキャンのキャプチャ画像
価格
63,000円
学習期間
6ヶ月
返金保証
なし

公式サイトを見る

キャリアカレッジジャパン

キャリアカレッジジャパンのキャプチャ画像
価格
46,000円
学習期間
約4ヶ月
返金保証
全額返金

公式サイトを見る

フォーサイト

フォーサイトのキャプチャ画像
価格
67,350円
学習期間
記載なし
返金保証
なし

公式サイトを見る

<免責事項>
当サイトで紹介している通信講座に問い合わせる場合は、各HPにて最新情報をご確認しご自身の責任でお申込みください。
掲載情報の詳細など各種お問い合わせは、各社様へお問い合わせくださいませ。

pagetop