体験談で判明!行政書士に独学で受かる方法

行政書士の収入

行政書士資格を取り、行政書士としてはたらくことで得られる収入についてリサーチしました。

ホントのところを知りたい!行政書士の収入

行政書士資格を目指す理由には、スキルアップや法律知識の腕試しなどいろいろと思いますが、いちばんの理由は行政書士としての収入だと思います。行政書士の収入がある程度のものなら、資格取得のモチベーションにもなりますよね!

ここでは、行政書士として業務に携わる場合の収入について調査した結果をご紹介します。

行政書士の平均年収は?

行政書士の平均年収は、およそ500万円ほどだというのが定説。しかし、これは公式な統計ではありません。弁護士や社労士などの士業は、厚生労働省によって統計調査が行われています。そのため、行政書士内でアンケートをとった結果の500万円が、今のところいちばん信頼できる数字のようです。

しかも、行政書士という仕事は全員が専業でやっているわけではありません。ほかの仕事をする傍らで行政書士をしている方もいるので、この数字を鵜呑みにしてはいけません。

「平均500万」、しかし稼ぐ人は稼いでいる事実

平均500万円というのは、ほとんどの人が年収500万円…というわけではありません。年収が低い人もいれば高い人もいて、その平均が500万円だったというだけのこと。そこで注目したいのが、アンケートによれば年間売上高1,000万円以上という回答が10%、5,000万円以上という回答も0.8%あるという事実。ということは、行政書士でしっかり稼げている人は年収1,000万円近くを叩きだしているとも考えられます。

業務範囲が広く、売り上げを得る間口が広いので、スキルや営業能力がある人はかなりの額を稼ぎ出すことができるのが行政書士資格。同時に、行政書士を足掛かりにほかの法律系資格を取得して、さらに年収アップをはかることもできます。結論としては、行政書士資格があれば誰でも高収入になれる…というわけではありませんが、高年収の可能性は十分あるということ。資格取得の価値は高いと思います。

通信講座の就職サポートを利用する手も

行政書士は、資格取得後はすぐには年収には結び付きにくいもの。しかし、通信講座などで資格取得の勉強をした場合は、その講座による就職サポートが得られることもあります。サポートを利用して就職し、スキルアップすることで高年収を目指すのもよいでしょう。

独学派必見!行政書士の通信講座最安ランキングBest3

行政書士の通信講座最安ランキングBest3

ユーキャン

ユーキャンのキャプチャ画像
価格
63,000円
学習期間
6ヶ月
返金保証
なし

公式サイトを見る

キャリアカレッジジャパン

キャリアカレッジジャパンのキャプチャ画像
価格
46,000円
学習期間
約4ヶ月
返金保証
全額返金

公式サイトを見る

フォーサイト

フォーサイトのキャプチャ画像
価格
67,350円
学習期間
記載なし
返金保証
なし

公式サイトを見る

<免責事項>
当サイトで紹介している通信講座に問い合わせる場合は、各HPにて最新情報をご確認しご自身の責任でお申込みください。
掲載情報の詳細など各種お問い合わせは、各社様へお問い合わせくださいませ。

pagetop