体験談で判明!行政書士に独学で受かる方法

行政書士試験の概要

受験資格、試験日程、出題内容など、行政書士試験の概要をまとめました。

行政書士試験の概要をチェック!

行政書士試験を受けると決めたら、まずは試験概要をチェックしておきましょう。ここでは、試験日程や受験資格、受験料、申し込み方法や、試験科目・形式、合格基準点などの情報をまとめています。

行政書士試験の実施概要

行政書士試験は年に1回実施されます。2016年の場合は11月13日午後1時~4時に実施され、合格発表は2017年の1月31日となっています。2016年においては、試験の公示は7月4日、申込み受付開始が8月1日となっています。

受験の申し込みは一般財団法人行政書士試験研究センターへ、郵送かインターネットで行います。締切は郵送の場合9月2日、インターネットの場合8月30日となっています。なお、受験料は7,000円です。

受験資格

行政書士試験には受験資格の制限はなく、年齢・学歴・国籍を問わず誰でも受験することができます。法律の知識がない方、はじめて法律系の資格にチャレンジする方でも受験することができます。法律系の資格の最初のステップとして最適な資格です。

行政書士試験の試験科目・出題形式

次に、行政書士試験の実際の内容をご紹介します。行政書士試験はすべて筆記試験で行われます。試験内容は大きく分けて2つ、「行政書士の業務に関し必要な法令等」、「行政書士の業務に関連する一般知識等」となっています。

参考までに、2014年に実施された試験の具体的な内容については以下の通り。

行政書士の業務に関し必要な法令等

  • 憲法
  • 民法
  • 行政法
  • 商法(会社法)
  • 基礎法学

行政書士の業務に関連する一般知識等

  • 政治・経済・社会
  • 情報通信・個人情報保護
  • 文章理解

「行政書士の業務に関し必要な法令等」に関しては択一式と記述式、「行政書士の業務に関連する一般知識等」については択一式のみで出題されました。

また、試験は60問300点となっており、科目別配点は以下のようになっています。

行政書士の業務に関し必要な法令等

出題形式 科目 問題数 配点
5肢択一式 基礎法学 2問 8点
憲法 5問 20点
行政法 19問 76点
民法 9問 36点
商法・会社法 5問 20点
多肢選択式 憲法 1問 8点
行政法 2問 16点
記述式 行政法 1問 20点
民法 2問 40点

行政書士の業務に関連する一般知識等

出題形式 科目 問題数 配点
5肢択一式 政治・経済・社会 8問 32点
多肢選択式 情報通信・個人情報保護 3問 12点
記述式 文章理解 3問 12点

合格基準

試験の合格基準は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」が122点以上、「行政書士の業務に関連する一般知識等」が24点以上、全体の得点が180点以上となっています。

独学派必見!行政書士の通信講座最安ランキングBest3

行政書士の通信講座最安ランキングBest3

ユーキャン

ユーキャンのキャプチャ画像
価格
63,000円
学習期間
6ヶ月
返金保証
なし

公式サイトを見る

キャリアカレッジジャパン

キャリアカレッジジャパンのキャプチャ画像
価格
46,000円
学習期間
約4ヶ月
返金保証
全額返金

公式サイトを見る

フォーサイト

フォーサイトのキャプチャ画像
価格
67,350円
学習期間
記載なし
返金保証
なし

公式サイトを見る

<免責事項>
当サイトで紹介している通信講座に問い合わせる場合は、各HPにて最新情報をご確認しご自身の責任でお申込みください。
掲載情報の詳細など各種お問い合わせは、各社様へお問い合わせくださいませ。

pagetop