体験談で判明!行政書士に独学で受かる方法

行政書士試験の難易度

行政書士資格試験の合格率について分析し、合格難易度について考えていきます。

本当に難しい?行政書士試験の難易度を考える

行政書士資格は、国家資格の中でも難関だと言われる資格のひとつ。合格率だけを見ると、ほぼ9割近くが試験に落ちるという難しい試験に見えます。しかし、実態はそうではなく、しっかり勉強すれば合格はじゅうぶん可能なんです。ここでは、行政書士試験の合格率のデータなどを見ながら、その難易度の真実について考えていきましょう。

行政書士試験の近年の合格率からわかること、隠されていること

まずは、行政書士試験の受験者数と合格者数、そして合格率のデータを見ていきましょう。以下は平成17~27年度試験のデータです。

年度 出願者数 受験者数 合格者数 合格率
平成27年度 56,965人 44,366人 5,814人 13.10%
平成26年度 62,172人 48,860人 4,403人 8.27%
平成25年度 70,896人 55,436人 5,597人 10.10%
平成24年度 75,817人 59,948人 5,508人 9.19%
平成23年度 83,543人 66,297人 5,337人 8.05%
平成22年度 88,651人 70,586人 4,662人 6.60%
平成21年度 83,819人 67,348人 6,095人 9.05%
平成20年度 79,590人 63,907人 4,133人 6.47%
平成19年度 81,710人 65,157人 5,631人 8.64%
平成18年度 88,163人 70,713人 3,385人 4.79%
平成17年度 89,276人 74,762人 1,961人 2.62%

年を追うごとに高くなる合格率

まず、このデータから見てすぐにわかるのは、合格率は(多少の上下はあるものの)上昇傾向にあるということ。かつては5~9%とかなり低い合格率だったものの、平成27年度は13%と高い数字が出ている通り、合格しやすい傾向にあります。

データに隠された実質合格率はもっと高い

とはいえ、このデータでは9割前後が不合格であることに変わりはなく、難関国家試験のように見えます。しかし、この数万人の受験者の多くは、法律系資格の腕試しとして、あるいは知識があるので、あまり勉強をせずに受験する層だと言われています。

実は、しっかりと勉強をして試験に臨む人は、半数が合格ラインに達するとも言われています。そういった観点から考えれば、決して極端に難しい試験ではありません。合格者数に定員はないため、自分がしっかり学習して点数をとれれば合格可能です。データに惑わされて及び腰にならず、着実に学習を積み重ねて合格を勝ち取りましょう!

独学派必見!行政書士の通信講座最安ランキングBest3

行政書士の通信講座最安ランキングBest3

ユーキャン

ユーキャンのキャプチャ画像
価格
63,000円
学習期間
6ヶ月
返金保証
なし

公式サイトを見る

キャリアカレッジジャパン

キャリアカレッジジャパンのキャプチャ画像
価格
46,000円
学習期間
約4ヶ月
返金保証
全額返金

公式サイトを見る

フォーサイト

フォーサイトのキャプチャ画像
価格
67,350円
学習期間
記載なし
返金保証
なし

公式サイトを見る

<免責事項>
当サイトで紹介している通信講座に問い合わせる場合は、各HPにて最新情報をご確認しご自身の責任でお申込みください。
掲載情報の詳細など各種お問い合わせは、各社様へお問い合わせくださいませ。

pagetop