体験談で判明!行政書士に独学で受かる方法

行政書士の業務内容

行政書士の資格を取り、開業したり就職した場合の業務の内容を解説しています。

行政書士の業務の内容とは?

「行政書士」という資格の名前はご存じの方が多いと思いますが、実際に資格を取ることでできる仕事の内容まで理解している人は案外少ないのではないかと思います。そこで、ここでは行政書士というお仕事の業務内容をご紹介していきたいと思います。

行政書士の業務内容

行政書士資格に定められた業務内容は、大きく分けて独占業務、共同法定業務、法定外業務、そして他士業との業際の4つ。それぞれの内容を見ていきましょう。

独占業務

  • 官公署に提出する書類の作成(各業種の許可申請、在留資格申請、自動車登録申請など)
  • 権利義務に関する書類の作成(売買などの契約書、契約申込書や請求書、就業規則、議事録、協議書などの作成)
  • 事実証明に関する書類の作成(資格や社員履歴などの証明書、会計書類、図面などの事実証明に関する書類作成)

共同法定業務

  • 非扮装的な契約書・協議書類の作成
  • 著作権ライセンス契約書の作成
  • 法務大臣宛帰化許可申請書、検察審査会提出書類の作成、司法警察機関宛の告訴状・告発状作成
  • 自動車税や事業所税、たばこ税などの税金に関する書類作成業務
  • 1ヘクタール未満の開発行為の設計図書を含む開発許可申請書作成
  • 登記に関係しない土地・家屋調査と測量図の作成
  • 労働・社会保険法令上の申請書等、帳簿書類の作成業務

法定外業務

  • 行政書士が作成することのできる書類を官公署に提出する手続きを代理できる
  • 行政手続法をめぐる行政書士の業務範囲の手続きを代理できる
  • 行政不服審査法をめぐる行政書士の業務範囲については、弁護士法72条との関係で争いがある

他士業との業際

各種書面の作成は、行政書士の独占業務ではありません。そのため、ほかの士業の業務範囲と重なるところがあり、他士業とのトラブルになる可能性があります。行政書士の業務範囲はもともと広いものですから、無理に業務範囲を広げようとしないことも大切です。

わかりやすくまとめると?
法律上の言葉を使うと、少し小難しくなってしまいますね。つまり、官公署に提出する書類の作成や相談、提出代理業務のほか、許認可に関して行われる聴聞や弁明の機会の付与手続などの代理、不服申立代理業務などが業務の中心となります。

今後の業務内容

今後、行政書士の業務範囲はますます広がるとされています。とりわけ、外国人在留手続などの国際関係分野や、中小企業支援、知財分野、成年後見分野における業務、電子申請システムなどが関わる手続き関係の業務などが挙げられています。幅広い業務内容を持つ行政書士は、取得することで大きな可能性を手にすることができる資格なのです。

独学派必見!行政書士の通信講座最安ランキングBest3

行政書士の通信講座最安ランキングBest3

ユーキャン

ユーキャンのキャプチャ画像
価格
63,000円
学習期間
6ヶ月
返金保証
なし

公式サイトを見る

キャリアカレッジジャパン

キャリアカレッジジャパンのキャプチャ画像
価格
46,000円
学習期間
約4ヶ月
返金保証
全額返金

公式サイトを見る

フォーサイト

フォーサイトのキャプチャ画像
価格
67,350円
学習期間
記載なし
返金保証
なし

公式サイトを見る

<免責事項>
当サイトで紹介している通信講座に問い合わせる場合は、各HPにて最新情報をご確認しご自身の責任でお申込みください。
掲載情報の詳細など各種お問い合わせは、各社様へお問い合わせくださいませ。

pagetop