体験談で判明!行政書士に独学で受かる方法

行政書士資格とは

行政書士資格の特徴や取得するメリット、オススメの理由などの概要をご紹介しています。

法律関係の資格ならまずはここから!行政書士資格とは?

「行政書士」という資格の名前は、多くの方が聴き馴染みがあると思います。でも、実際にどんな資格なのか、何ができるのかご存じの方は意外と少ないのでは?と思います。行政書士資格は、法律専門職の入門にあたる資格。比較的取りやすく、業務の範囲が広いため、可能性が広がる資格です。司法書士試験など、ほかの法律専門職へ進むためのステップとしても有効です。

法律のプロフェッショナルを目指す方、あるいは今のスキルに+αを付け加えたい方にはもっともオススメの資格です。

行政書士とは

行政書士とは、さまざまな法律に関する職務をつかさどるもの。訴訟であれば弁護士、知的財産であれば弁理士など、法律には特別な専門職があります。この専門職に対して、一般職とされるのが行政書士です。

弁護士や弁理士などの専門分野には職務範囲外ですが、独占資格のない法律業務については行政書士がすべて扱うことができます。高度に専門化された資格の前に取得する、法律資格の最初のステップになるのが行政書士資格です。

行政書士資格の魅力

では、行政書士資格が人気を集めているのはなぜなのでしょうか。その魅力をいくつかご紹介しましょう。

キャリアに活かせる

行政書士資格の知識には、企業のコンプライアンスに関わるものが多くあります。そのため、企業間や企業内での紛争について、合理的に解決するための知識を身に着けることができます。これは転職や昇進への大きな強みになります。

業務範囲が広い

行政書士の業務は、数千、あるいは数万種類に及ぶと言われています。これからもその範囲は拡大していくと予想されているため、まず取得しておくとよい資格とされています。

独立開業がしやすい

試験で学ぶ内容が実務に直結しているので、開業のハードルが低いのがポイント。必要な機材などもないので、自宅でも開業ができます。

他資格へのステップアップがしやすい

行政書士の資格試験は、専門的というよりは広い範囲の法律を学ぶもの。そのため、ほかの法律系の資格と学習する範囲が重なっていることがあります。そのため、行政書士資格のあとに専門的な資格を取りやすいと言われています。

たとえば、司法書士や円利子、社会保険労務士。あるいはファイナンシャルプランナーや宅地建物取引士など、幅広い選択肢が考えられます。

行政書士とはこんな仕事をする人

行政書士とはどんな仕事をするのでしょうか。

行政書士は、個人や法人といった様々な顧客からの依頼を受けて申請書作成や申請を代行で官公署(市・区役所、町村役場、警察署など)へ提出する仕事です。そのため、「代書屋」と呼ばれることもあります。

単純な書類作成から複雑なものまで請け負うこともあり、活躍できる場は広いです。

作成する書類は、許可や認可に関するものでその種類は約1万種類もあります。その書類申請は、法的な知識がなければ作成ができる、あるいは、難しいものばかりです。

行政書士の業務内容(例)

飲食店などの開業手続き 営業許可申請、保健所への申請など
会社設立時の手続き 登記申請書、労働保険など
廃業廃棄物許可関連手続き 必要書類の精査、保管施設許可取得など
交通事故損害賠償請求 損害賠償額が妥当か計算、金額請求書作成など

これらの複雑な手続きを専門的な知識を生かし、滞りがないように処理していく重要な仕事です。

本当は違う?行政書士の仕事の間違ったイメージ

1.デスクワークで外出することはない

行政書士となると、デスクワークをイメージされる人も多いですよね。書類作成がメインの業務となり、外出があまりないと思われるところです。

しかし、デスクワーク以外にも、申請や許可の作成した書類を提出に行く、顧客との打ち合わせなど外出業務も意外と多いです。

2.やるのは書類作成と申請の代行のみ

書類作成や申請手続きだけを行うと思われがちですが、実際には顧客との打ち合わせがほとんどです。

打ち合わせでは、顧客が抱える問題を解決する提案をし、新たな案件を持ってくる業務です。

行政書士といえども、顧客を相手にしたサービス業です。行政書士の仕事は、考えていた業務と違ったという方もいるのではないでしょうか。

行政書士はデスクワークだけでなく、外回りや顧客との打ち合わせといった業務も行います。

資格を取るために勉強は必要ですが、どういった業務を行うのかということも理解して頭に入れておくことも大切なのです。

行政書士とはこんな人に向いている仕事!

行政書士はどのような人に適しているのでしょうか。ここで、この業界に向いている人の特徴について紹介していきます。

1.コミュニケーション力がある人

行政書士の仕事はサービス業のひとつでもあります。

顧客が抱えている問題や困っていること、書類作成で必要となる情報を聞き出すなど耳を傾ける必要があります。

また、それに対して敵したアドバイスを提案してあげることも大切です。業務を行う上で必要になるコミュニケーション力は、欠かせない要素だと言えます。

積極的に外に出て案件や仕事を獲得していき、ビジネスチャンスを広げましょう。

2.好奇心旺盛

業務の大半は書類作成になります。作成する書類としては、1万種類といったかなり広範囲な内容です。

依頼のあった顧客によって、今まで対応したことのない分野にあたることもあり、新たな知識の習得が必要になります。

行政書士の業務はどういった状況においても、色々な分野に興味を持って取り組める人が理想です。

3.根気強い人

複雑な書類作成や、調べなくてはいけないものも多いので、根気強く対応していくことが重要なポイントになります。

コツコツと地道にこなせる根気強さを持っている人に適しています。

4.正確さだけじゃなくスピーディーに事務処理できる人

依頼される分野によって、営業許認可裁判に関した重要な書類を扱うこともあります。

このような重要な書類作成を扱う上で、誤字脱字や必要になる書類を間違えるミスなどは絶対にあってはいけません。そのため、業務に取り組む際には正確さが求められます。

また、顧客の要望や書類の提出期限によっては、スピーディーにこなさないといけないことも多くあります。スピーディーに必要な情報や資料を集め、作成する書類にはミスがないようにするスキルが必要になります。

5.責任を持って仕事を行える人

書類作成など取り扱う案件には、個人情報があります。この個人情報が漏れないためにも、責任を持って厳重に取り扱うことが大切です。

また、案件によっては裁判関連のものや、営業許認可に関する書類作成も行います。この業務は、顧客の人生まで左右することもあります。

そのため、顧客との信頼関係を築き、かつ責任を持って仕事を進めなくてはいけません。

行政書士に向いている人としては、項目に該当した方に適しています。ですが、なかには紹介した特徴に該当していないという人もいるでしょう。

当てはまっていないからといって行政書士になれないというわけではありません。

仕事内容に興味がある、行政書士に挑戦してみたいという気持ちがある方なら誰でも目指せる仕事です。

法律系資格の初学者にオススメ!

行政書士資格は、法律系の職務に着いている方や、法律専門職を目指す方が最初に取得するべき資格。幅広い法律を学ぶので、その後のキャリアアップの選択肢が広くなるというメリットがあります。

しかも、多くの資格取得講座は初学者向けの講座を開講しています。法律に関する知識がゼロでも合格レベルを目指すことができます。大学の法学部などで勉強をしていなくても大丈夫。また、年齢・学歴などを問わないので、どんな方にもオススメできる資格です。

通信講座でも取得できる!

そして、行政書士資格がオススメできる理由のひとつに、通信講座での取得が可能だということが挙げられます。たくさんの資格取得講座や専門学校が、行政書士の通信講座を開講しています。初学者向けの講座も用意されているので、ほかの仕事をしながら、あるいは主婦の仕事をしながらでも資格取得を目指すことができます。

幅広い可能性をもち、しかも通学をしなくても取得を目指すことができる行政書士資格。なにか強みになる資格を目指すなら、非常にオススメの資格です。

独学派必見!行政書士の通信講座最安ランキングBest3

行政書士の通信講座最安ランキングBest3

ユーキャン

ユーキャンのキャプチャ画像
価格
63,000円
学習期間
6ヶ月
返金保証
なし

公式サイトを見る

キャリアカレッジジャパン

キャリアカレッジジャパンのキャプチャ画像
価格
46,000円
学習期間
約4ヶ月
返金保証
全額返金

公式サイトを見る

フォーサイト

フォーサイトのキャプチャ画像
価格
67,350円
学習期間
記載なし
返金保証
なし

公式サイトを見る

<免責事項>
当サイトで紹介している通信講座に問い合わせる場合は、各HPにて最新情報をご確認しご自身の責任でお申込みください。
掲載情報の詳細など各種お問い合わせは、各社様へお問い合わせくださいませ。

pagetop