体験談で判明!行政書士に独学で受かる方法

学習計画の立て方

短期間で行政書士試験に合格するために必要な、学習計画の立て方をご紹介します。

短期間で一気に学習!行政書士試験のための学習計画

短期間で行政書士試験を突破するためには、綿密な学習計画が必要です。やみくもに学習を進めても、まず合格は難しいと思います。

そこで、ここでは行政書士試験対策のための学習計画の立て方をご紹介します。

合格に必要な学習時間

一般に、行政書士試験の合格には500~1000時間の学習が必要だと言われています。500時間というのは法律の知識がある程度ある方の場合で、初学者なら少なく見積もっても600時間は必要ではないかと思います。

たとえば、6ヶ月で行政書士試験を目指すなら、月に100時間、1日に3時間以上の学習が必要になります。通勤・通学の往復時間などのスキマ時間を使い、また週末は集中して取り組んだりして、ペースを保ちながら学習を進めていくとよいでしょう。ですから、試験までの半年の間、自分が試験対策に避ける時間はどれくらいあって、どんなペースで進められるのかを把握した上で学習計画を立てましょう。

学習計画の目安

学習の進め方は、目安としては以下のような感じになると思います。

1.知識を吸収する

テキストを熟読したり、通信教育の講義DVDを見るなどして、全体像を把握しながら知識をインプットしていきます。基礎法学からはじめて、民法、行政法、商法、一般知識…という順に進めていくと良いと思います。

2.理解を深める

テキストは一度読んだだけでは理解しきれません。何度も反復することが大切です。一度通ったテキストや教材を、もう一度復習する時間を設けましょう。要点をノートにまとめたりしながら教材を読んでいくと、より効果的です。

3.演習

知識を身に着けたら、それを使って問題に取り組んでいきます。一問一答集や総合問題集を使って、基礎知識が頭に入っているか確認していきます。試験が近い段階では、過去問題集などを使って、実際の試験の問題の雰囲気や傾向、解き方をつかむことも大切です。

4.弱点補強

演習が一通り終わると、自分の弱点や足らないポイントが見つかると思います。より確実な合格を目指すために、弱点を補強するための期間を設けましょう。もちろん、過去問への取組みは並行して続けていきます。問題が解けるかどうかうよりも、解けなかった問題をしっかり復習することが重要です。

行政法・民法に比重を大きくする

各科目の点数配分を見ると、行政法と民法がかなり大きな比重を占めていることがわかります。行政法と民法だけで300点満点のうち188点を占め、合格ラインである180点を上回っているのです。

したがって、行政法と民法の対策をすることが最重要ポイントになります。科目別の学習計画においては、この2つを重点的に学習できるように計画を立てるとよいでしょう。

独学派必見!行政書士の通信講座最安ランキングBest3

行政書士の通信講座最安ランキングBest3

ユーキャン

ユーキャンのキャプチャ画像
価格
63,000円
学習期間
6ヶ月
返金保証
なし

公式サイトを見る

キャリアカレッジジャパン

キャリアカレッジジャパンのキャプチャ画像
価格
46,000円
学習期間
約4ヶ月
返金保証
全額返金

公式サイトを見る

フォーサイト

フォーサイトのキャプチャ画像
価格
67,350円
学習期間
記載なし
返金保証
なし

公式サイトを見る

<免責事項>
当サイトで紹介している通信講座に問い合わせる場合は、各HPにて最新情報をご確認しご自身の責任でお申込みください。
掲載情報の詳細など各種お問い合わせは、各社様へお問い合わせくださいませ。

pagetop