体験談で判明!行政書士に独学で受かる方法

準備する教材

短期間で行政書士試験に合格するための教材をご紹介しています。

行政書士試験の学習に必要な教材とは?

行政書士試験は幅広い分野の法律についての知識が必要で、学習も優れた教材を使って効率よく進めなければなりません。

短期間で合格を目指すなら、なおのこと教材はよく吟味して選ぶ必要があります。

ここでは、行政書士試験の勉強のために必要な教材をご紹介していきます。学習の準備に役立ててみてください。

行政書士試験の学習に使う教材

参考書

まずは、行政書士試験のための知識を学ぶ参考書が必要です。知識をインプットする教材の中心になるので、非常に重要です。

参考書には、講義型と一般型の2種類があります。講義型は、実際の学校の講義のように話し言葉で書かれているもの。講義を受けているように学習を進められるので、理解がしやすいのが特徴です。初学者の場合はこちらがオススメ。ただし、講義型は話し言葉が中心なので、長さの割に情報量は少なかったりします。学習の終盤では、一般型のものを併用するのもいいでしょう。

一通り初学者向けの参考書が終わったら、より応用的な参考書に取り組みます。行政書士六法を読んで知識を深めるのもいいですが、量があまりのも多いので、参考書を利用した方がよいでしょう。

一問一答集

受験勉強でもお世話になった方が多いであろう、一問一答の問題集。参考書で理解した用語や概念を定着させるには、一問一答が手軽でオススメ。ただし、分量が多いものは暗記が大変なので、必要なものに絞り込まれたコンパクトな一問一答集が便利です。

総合問題集

実際の試験に似た問題が掲載されている問題集。科目別に問題が用意されているので、ある科目を学習したら総合問題集で理解を確認してみる、という使い方がいいと思います。

過去問題集

各科目について学び、総合問題集での演習が終わったら、いよいよ実際の過去問に取り組みます。回答のしかたやペース配分などをつかみながら、問題を解く力をつけていきます。過去問の解説はしっかりと読み込み、どんな問題が来ても応用できる力を身につけましょう。

通信教育なら教材が揃う!

これらの教材を、ひと通り質の高いもので揃えるのは大変。自分で教材の良し悪しを判断するのは難しく、評判で選んでも当たり外れはあります。通信教育の行政書士試験講座なら、必要な教材はすべて揃っています。通信教育で学習を進めてみて、自分に足りないものがわかったところで市販されている教材を加えていくのもよいでしょう。

独学で行政書士試験合格するためにノートは必要?テキストだけでいい?

学習内容をノートに書き留めることは、学習の基本姿勢のように思えるでしょう。

しかし、行政書士試験に合格するための勉強において、絶対に必要なのでしょうか?この点を改めて考えていきましょう。

必ずしもノートは必要ではない

結論から言うと、行政書士試験の勉強では必ずしもノートは必要でないかもしれません。

学校の勉強の場合は、授業で学んだ点の中で特に重要な点などをまとめるでしょう。

しかし、行政書士の試験に合格するには基礎知識を理解しているだけでなく、そこから枝分かれした複雑極まりない応用問題を解く力が必要です。さらに、理解しておくべき法令範囲は非常に膨大です。重要なポイントだけをノートにまとめようと思っても、とてつもないページ数に書きつづらねばならなくなります。

その作業に貴重な時間を費やすよりは、条文や諸原則の暗記を進めた方が良いとも言えます。そして、大切な点はテキストや問題集を見れば見つかるようにしておけば後々「あの法令の改正内容、どこに書いたんだっけ…」と探し回る手間も少なく、効率良く学習が進むでしょう。

実際、独学で行政書士試験に合格した行政書士の中にもノートを取らなかったという人は多数います。

「書く」行為で記憶が定着しやすくなる人はノートを取ろう

テキストで勉強する際は大部分が「読む」作業になります。読むだけでは知識が頭から出て行ってしまうように感じるため、学んだ内容を書き出すことで記憶しやすくなるという人もいるでしょう。

そのような人の場合はノートを取ることも効果的です。目で読み理解したことを頭で整理しながら書くという行為は、非常に多くの神経を使うため学んだ内容を記憶づけることの助けになります。

ノートにまとめるのには時間がかかりますが、人によってはより強く、鮮明に記憶に残すための良い手段となります。

しかし、悪い例としてテキストや判例、法令をほぼ丸写ししたようなノートです。これは全く意味がありません。なぜなら、書き写しの動作は、ほぼ手だけを動かした作業でしかなく、脳に記憶する作業には繋がりにくいのです。そのため、書き留めたい部分は、一度自分の中で理解して、自分の言葉にして書いておきましょう。

上手にノートをまとめる3つのポイントを紹介!

ここからは、ノートを上手くまとめるポイントを具体的に解説していきます。

1.自分が苦手なところのみをまとめる

資格の独学で作るノートは、学校で先生の板書を写すノートとは違います。後者は先生の書いたことを丸写しすることが多いですが、前者は「自分が苦手な(問題集などを解いて間違えた)ところだけをまとめる」ことが大切です。

また、上記で説明したようにテキストを丸写ししても記憶には繋がらないため、自分の言葉でまとめるようにしましょう。

2.ペンの色は「3色まで」が鉄則

分かりやすく意味のあるノートを作るには、ペンの色も重要なポイントです。カラフルに色分けした綺麗なノートは「勉強した!」という達成感は得られるかもしれませんが、実際あまり効果的ではありません。

カラフルに色分けをしてしまうと、本当に重要なポイントはどこなのか、分かりにくくなるからです。有意義なノートを作る場合は、使うペンの色は多くても3色までにとどめましょう。

最も重要なところは「赤」、補足や法改正、例外など追記事項は「青」、それ以外は黒など、自分以外の人が読んでもポイントが分かりやすいノートを作る意識で書いてみましょう。

3.多めに余白を空けて後で書き込めるようにする

ノートを作る際はもったいないからとケチらずに、多めに余白をとって書き込みましょう。物事を記憶する際には、ただ単にその対象を丸暗記するのではなく、関連する情報なども一緒に覚えたほうがより長く正確に頭に入るとされています。

そのため復習した際に関係のある情報をどんどん書き込めるように、余分にスペースを空けてノートを作るようにしましょう。

自分に合った学習方法で合格を目指そう

人によっては、日記や備忘録のような目的でノートを取る場合もあります。その日に勉強した内容や判明した自分の弱点を記録したりすることで、後でノートを見返した際に「この段階まで学習を進められたのだから、もう少し頑張ろう」と決意を新たにし、モチベーションを高める効果もあります。

ノートが助けになる場合は上手に活用し、不要だと思う場合は無理にノートを作らないようにしましょう。

独学派必見!行政書士の通信講座最安ランキングBest3

行政書士の通信講座最安ランキングBest3

ユーキャン

ユーキャンのキャプチャ画像
価格
63,000円
学習期間
6ヶ月
返金保証
なし

公式サイトを見る

キャリアカレッジジャパン

キャリアカレッジジャパンのキャプチャ画像
価格
46,000円
学習期間
約4ヶ月
返金保証
全額返金

公式サイトを見る

フォーサイト

フォーサイトのキャプチャ画像
価格
67,350円
学習期間
記載なし
返金保証
なし

公式サイトを見る

<免責事項>
当サイトで紹介している通信講座に問い合わせる場合は、各HPにて最新情報をご確認しご自身の責任でお申込みください。
掲載情報の詳細など各種お問い合わせは、各社様へお問い合わせくださいませ。

pagetop