体験談で判明!行政書士に独学で受かる方法

準備する教材

短期間で行政書士試験に合格するための教材をご紹介しています。

行政書士試験の学習に必要な教材とは?

行政書士試験は幅広い分野の法律についての知識が必要で、学習も優れた教材を使って効率よく進めなければなりません。短期間で合格を目指すなら、なおのこと教材はよく吟味して選ぶ必要があります。

ここでは、行政書士試験の勉強のために必要な教材をご紹介していきます。学習の準備に役立ててみてください

行政書士試験の学習に使う教材

参考書

まずは、行政書士試験のための知識を学ぶ参考書が必要です。知識をインプットする教材の中心になるので、非常に重要です。

参考書には、講義型と一般型の2種類があります。講義型は、実際の学校の講義のように話し言葉で書かれているもの。講義を受けているように学習を進められるので、理解がしやすいのが特徴です。初学者の場合はこちらがオススメ。ただし、講義型は話し言葉が中心なので、長さの割に情報量は少なかったりします。学習の終盤では、一般型のものを併用するのもいいでしょう。

一通り初学者向けの参考書が終わったら、より応用的な参考書に取り組みます。行政書士六法を読んで知識を深めるのもいいですが、量があまりのも多いので、参考書を利用した方がよいでしょう。

一問一答集

受験勉強でもお世話になった方が多いであろう、一問一答の問題集。参考書で理解した用語や概念を定着させるには、一問一答が手軽でオススメ。ただし、分量が多いものは暗記が大変なので、必要なものに絞り込まれたコンパクトな一問一答集が便利です。

総合問題集

実際の試験に似た問題が掲載されている問題集。科目別に問題が用意されているので、ある科目を学習したら総合問題集で理解を確認してみる、という使い方がいいと思います。

過去問題集

各科目について学び、総合問題集での演習が終わったら、いよいよ実際の過去問に取り組みます。回答のしかたやペース配分などをつかみながら、問題を解く力をつけていきます。過去問の解説はしっかりと読み込み、どんな問題が来ても応用できる力を身につけましょう。

通信教育なら教材が揃う!

これらの教材を、ひと通り質の高いもので揃えるのは大変。自分で教材の良し悪しを判断するのは難しく、評判で選んでも当たり外れはあります。通信教育の行政書士試験講座なら、必要な教材はすべて揃っています。通信教育で学習を進めてみて、自分に足りないものがわかったところで市販されている教材を加えていくのもよいでしょう。

独学派必見!行政書士の通信講座最安ランキングBest3

行政書士の通信講座最安ランキングBest3

ユーキャン

ユーキャンのキャプチャ画像
価格
63,000円
学習期間
6ヶ月
返金保証
なし

公式サイトを見る

キャリアカレッジジャパン

キャリアカレッジジャパンのキャプチャ画像
価格
46,000円
学習期間
約4ヶ月
返金保証
全額返金

公式サイトを見る

フォーサイト

フォーサイトのキャプチャ画像
価格
67,350円
学習期間
記載なし
返金保証
なし

公式サイトを見る

<免責事項>
当サイトで紹介している通信講座に問い合わせる場合は、各HPにて最新情報をご確認しご自身の責任でお申込みください。
掲載情報の詳細など各種お問い合わせは、各社様へお問い合わせくださいませ。

pagetop