体験談で判明!行政書士に独学で受かる方法

一般知識

行政書士試験で出題される科目のひとつ、一般知識の学習のポイントをまとめています。

行政書士試験学習のポイント 一般知識編

行政書士試験は、法令等の科目と一般知識の科目に分かれています。試験全体は300点満点で、そのうち一般知識は56点。民法や行政法のほうが点数配分が大きく、力を入れる必要はあまりないように見えます。しかし、試験の合格ラインは、一般知識科目が4割を超えなければなりません。法令等科目がどれだけ取れていても、一般知識が4割、つまり24点未満なら不合格になってしまうのです。

そのため、一般知識にも時間を割いて学習をしなければなりません。ここでは、どのように一般知識の学習を進めるのが効率がよいのか解説していきたいと思います。

一般知識の最近5年の出題傾向

まずは、一般知識科目のここ5年の出題傾向を見ていきたいと思います。出題回数が多い順に、◎、〇、△、×をつけてあります。

政治分野

選挙制度:△ 議院内閣制:× 行政:〇 その他:◎

経済分野

財政・税制度:△ 金融:△ 国際経済:△ その他:〇

社会分野

社会保障:〇 環境問題:△ それ以外:◎

個人情報保護分野

個人情報保護分野:◎

情報通信分野

情報通信関連法:△ 情報通信用語:〇

文章理解

文章理解:◎

一般知識の学習のポイント

重点的に学習を進めて確実に点数を取っておきたいのは、個人情報保護法、社会保障、そして行政といった分野。これらは学習範囲が広いわけではなく、それでいて出題問題数が多いので、効率よく点数を稼ぐことができる分野です。

また、文章理解の問題は毎年3問ずつ必ず出題されます。国語の文章理解の問題と同じで、それほど難しいものではありませんが、問題演習や過去問はあたっておき、点数源にしましょう。そのほかは学習の優先度を下げてもいいところ。ただし、環境問題は再び世界的にホットな話題になりつつあるので、出題の可能性もあります。時事ネタも新聞やニュースでチェックをしておくとよいでしょう。

独学派必見!行政書士の通信講座最安ランキングBest3

行政書士の通信講座最安ランキングBest3

ユーキャン

ユーキャンのキャプチャ画像
価格
63,000円
学習期間
6ヶ月
返金保証
なし

公式サイトを見る

キャリアカレッジジャパン

キャリアカレッジジャパンのキャプチャ画像
価格
46,000円
学習期間
約4ヶ月
返金保証
全額返金

公式サイトを見る

フォーサイト

フォーサイトのキャプチャ画像
価格
67,350円
学習期間
記載なし
返金保証
なし

公式サイトを見る

<免責事項>
当サイトで紹介している通信講座に問い合わせる場合は、各HPにて最新情報をご確認しご自身の責任でお申込みください。
掲載情報の詳細など各種お問い合わせは、各社様へお問い合わせくださいませ。

pagetop