体験談で判明!行政書士に独学で受かる方法
独学で行政書士になるには?合格のためのHow to » 合格を目指せる行政書士通信講座の選び方 » 行政書士の資格を取るために!テキストはどれでも良くない!

行政書士の資格を取るために!テキストはどれでも良くない!

モチベーションに大きく影響するテキスト選び

モチベーションの維持は今後の学習、資格取得に大きく影響していきます。このモチベーションを維持するために大切なのがテキスト選びなのです。最初にテキストを探す際、その膨大な量に圧倒されるでしょう。中を開いてみても難しい言葉が羅列してやる気をなくしてしなうこともあります。テキスト選びの時点でモチベーションが下がることが無いように、テキストや参考書への理解を深めることから始めましょう。

最初に知っておきたい行政書士に必要な参考書の種類

通信講座を受講せず独学で勉強を始める際は、テキストなども自分で揃えないといけません。出題範囲の広い行政書士試験は様々な参考書が必要となりますが、それは独学の場合もスクールに通う場合も変わりはありません。行政書士試験に必要となる参考書にはどのような種類があるのでしょうか。

揃えるべき参考書の種類

六法

六方は独学で行政書士の学習をする際には、必ず持っていたほうが良い参考書になります。学習の全てで必ず見るというわけではありませんが、「六法は試験問題の原案」と考えてもいいほどのものです。なくても行政書士を学ぶことはできるかもしれませんが、やはり独学の場合はある方がいいです。そして、法令をみて学習することを習慣化することを意識するといいでしょう。

過去問

テキストで基礎ができれば過去問は試験対策として重要なものになります。購入するテキストや問題集によって過去問の数は変わってきます。過去5年分の試験問題を揃えているものは多くあります。しかし、過去問は多く説いていたほうが試験合格のために力をつけることができるので10年分ほど揃えておいた方が良いでしょう。また、解説がきちんと記載されていて分かりやすく充実しているものを選ぶことも大切です。ただ過去問をたくさん揃えるのではなく、解説の内容も確認して選ぶようにしましょう。

予想・練習問題集

独学で始める場合、最初に購入する必要はありません。目安としては、学習を始めた日から試験日の中間くらいの時期に購入することをおすすめします。学習の進み具合をみてから購入する日を検討するのもいいでしょう。問題集購入後も学習のペースが早ければ追加で別の問題集を購入しても良いです。その際に選んだ方が良いのは、前回購入したのとは違うシリーズの問題集です。同じものだとワンパターンになってしまうので、違うパターンの問題になれるためにも他のシリーズを購入しましょう。

特に重要となるテキスト

試験の合否を運命づけると言っても過言ではないテキストは、知識を理解するために重要となる参考書です。テキストを読むだけで行政書士に必要な知識が習得できるため、通勤時や移動時、少し空いた時間などに学習ができる重要なツールになります。

自分にあったテキストを選ぶ方法とは

テキストを選ぶ際に「安いから」「有名だから」などといった理由で探してはいませんか?多くの出版社から発行されているテキストから、自分に合ったものを選ぶためにも自分のタイプを理解したうえで選ぶようにしましょう。

タイプ別に見るテキストの選び方

独学が続く自信がない人

難しい内容を文字だけで並べられてもすぐに挫折しそうと思う人は、入門編などで簡単に分かりやすく説明されてあるものやマンガで行政書士について学ぶことが出来るものもあります。このような種類は、読みやすく、身近なことで説明しているので内容も入ってきやすくなります。さらにカラーもあり、絵やイラストを使用しているためイメージとしても残りやすくなります。

過去に独学で資格を取得した経験がある人

独学で資格を取ったことがある人は自分で学習する力が整っているはずなので、余白が多い種類のテキストを選ぶといいでしょう。自分でポイントを抑えることができるので、最初からカラーでマークされているテキストよりも、ほとんどカラーなどないタイプを選び自分で書き込んだりマークしたりしていく方が効率よく学習ができます。

初学者にはフルカラーもお勧め!

フルカラーはとにかくカラフルで飽きることはないので初学者でも入りやすくモチベーション維持にも繋がります。また、カラーの場合、重要点を色で分けられているので、一目でそのページの大切な部分がわかるのです。このフルカラーは、自分でメモやマーカーを付けたいという人には不向きかもしれません。どちらが良いか分からない人は、テキストや参考書を購入するときにどちらも開いて見てください。一目で読みやすさが分かるので自分に合っているか確認してから購入しましょう。

テキストはいつでも戻ってこられる環境をイメージする

テキストは基礎・基本を吸収するものだけではありません。始めにテキストで学んだ事を問題集や過去問で解くと分からなくなることがあります。そんなときは必ずテキストに戻って確認をしましょう。そして自分で分かりやすい言葉や覚えやすい言葉、新しくわかったことなどをテキストに追記してその都度更新していきます。この時に間違えた問題の番号などをも記しておくと前回も同じ場所で間違えた事が分かり、自分の苦手分野を理解することにもなります。テキストは最初だけと思わずに、メモを取るときは分かりやすく工夫をして書くようにしましょう。

まずは書店でテキストをチラッと立ち読みしよう

テキストは、出版社によって内容が大きく変わることはありません。まずは自分の目で直接テキストの中身を確認することが大切です。上記の点を踏まえながらチェックしてイメージを深めましょう。

独学派必見!行政書士の通信講座最安ランキングBest3

行政書士の通信講座最安ランキングBest3

ユーキャン

ユーキャンのキャプチャ画像
価格
63,000円
学習期間
6ヶ月
返金保証
なし

公式サイトを見る

キャリアカレッジジャパン

キャリアカレッジジャパンのキャプチャ画像
価格
46,000円
学習期間
約4ヶ月
返金保証
全額返金

公式サイトを見る

フォーサイト

フォーサイトのキャプチャ画像
価格
67,350円
学習期間
記載なし
返金保証
なし

公式サイトを見る

<免責事項>
当サイトで紹介している通信講座に問い合わせる場合は、各HPにて最新情報をご確認しご自身の責任でお申込みください。
掲載情報の詳細など各種お問い合わせは、各社様へお問い合わせくださいませ。

pagetop