体験談で判明!行政書士に独学で受かる方法

学習期間で選ぶ

短い学習期間で効率よく学べる行政書士試験の通信教育講座をご紹介しています。

短期間で資格取得!学習期間の短い行政書士講座

ふだんサラリーマンとしてお勤めであったり、学校に通っていたり、あるいはご家庭で主婦をされている方で、行政書士資格取得を目指す方は多いと思います。その中で空いている時間を見つけて勉強するのはなかなか大変なこと。

そんな方がぜひ活用するべきなのが通信教育による行政書士講座。自分のペースで学習が進められる上に、独学よりも効率よく点数アップを目指すことができます。

そんな通信教育講座を受ける際に、チェックしてほしいのが各講座の学習期間。明記されていない講座もありますが、学習期間あるいは講義回数といった形で表記されているのではないかと思います。

そもそも行政書士試験に合格するために必要な期間はどれくらい?

数ある士業の中で、最も合格しやすいと言われている行政書士ですが、決して生易しい試験とは言えません。稀に3~4ヶ月の勉強期間で合格したという声も聞かれますが、そのほとんどが法学部出身者や法律に関する深い知識を有している人ばかりです。

初学者が行政書士の勉強を進めても、最短で半年はかかるでしょう。独学となると勉強法に違いがあるので、もっと長い期間を要するかもしれません。

行政書士試験に合格するまでにかかる期間として、500時間~1000時間と言われています。真ん中をとって700時間と仮定した場合、1日に3時間勉強しても233日の期間を要します。体調やスケジュールによっては勉強できない日もあるので、更に長い期間を要することが考えられます。

どのように仕事をしながら勉強時間をつくるか

行政書士試験を独学で勉強する人の多くは、働きながら勉強することになるでしょう。しかし、仕事や家事などこなす中で、3時間という時間を捻出するのは意外と難しいものです。

限られた時間を有効的に勉強に費やすためにも、1日のスケジュールを組みなおすことが求められます。

忙しい時間で勉強時間をやりくりするスケジュール術

朝は1日の中で最も勉強しやすい時間帯です。現在、起床している時間を30分早めるだけで、30分の勉強時間が確保できます。通勤に電車やバスを利用している人は、車内で勉強するのも効果的です。

暗記カードやオーディオブックなどを活用することで、混雑する電車内で問題なく知識を落とし込めます。

昼休みも勉強時間をつくるにはうってつけの時間帯です。昼休みが1時間あるならば、30分で食事等を済ませ、残り30分を勉強時間に充てても良いでしょう。

夜間勉強に向けて、昼間の内に仮眠をとるのも効果的です。

仕事が終わったら、早急に帰宅して勉強!と、いきたいところですが、家に帰る前に喫茶店や、夜遅くまで開館している図書館などで勉強をしにいきましょう。

自宅に帰ってしまうと、どうしても集中力が途切れ、勉強に身が入らなくなることがあります。自宅と比べ緊張感のある屋外で勉強することで、自宅勉強にも勢いがでるでしょう。

勉強法のプランニングも重要です

勉強時間を確保できても、勉強内容に不備があると元も子もなくなってしまいます。限られた時間で効果的に勉強するためにも、勉強法をしっかりプランニングするようにしましょう。

期間ごとに勉強法を振り分ける

行政書士の試験日は11月の第2日曜日となります。今から勉強を始める人は、試験日までの期間を逆算して、3期に分けた勉強スケジュールを設けるようにしましょう。

■1期

勉強を始めたばかりの1期は、テキストや参考書を反復して、基礎知識をしっかり落とし込むようにしましょう。過去問にも目を通し、試験範囲をある程度把握しておくことも大切です。

■2期

基礎知識を落とし込んだなら、次は過去問を解いていきましょう。間違った項目はテキストや参考書で調べなおし、確実に補完するようにしてください。

過去問を数回やり込んだら、次は時間を測定しながら問題を解いていきます。時間のかかる課目を理解することで、試験時のペース配分を考えると良いでしょう。

■3期

試験への最終調整となる3期は、2期同様に過去問や模擬試験問題集を、繰り返し説いていくことが求められます。この頃には得意・苦手科目が分かっているので、より効果的な対策が施せます。苦手科目に関しては、単科講座を受けるなどして試験に向けた最終調整を徹底しましょう。

課目ごとに勉強法を振り分ける

行政書士の試験内容には出題傾向があり、これらを踏まえて勉強の段取りを組むことで効率的に勉強できます。

■憲法┃勉強に充てる時間:55時間程度

高校生向けの政治経済の教科書から学ぶことができる憲法は、最初に着手するのにうってつけの科目です。得点効率が良い課目である反面、難易度が高い問題が1問ほど出題される傾向にあります。

憲法の試験序盤に出題される傾向にあり、多くの試験者がペースを狂わされる鬼門でもあります。問題の取捨選択を行ない、手堅く点数を稼ぐようにしましょう。

■民法┃勉強に充てる時間:150時間程度

民法は試験全体の25.3%を占める重要課目です。合格のために確実に押さえていきたい課目の1つです。ここで気を付けておきたいのが、記述式問題への対策です。記述式問題は択一式を比べて本質的な理解力が求められます。

民法に関しては勉強時間の配分を増やしても良いので、しっかり習得していくようにしてください。

■商法┃勉強に充てる時間:40時間程度

商法・会社法は、条文数が多い割には得点効率が悪いため、あまり時間を充てたくない課目です。しかし基礎範囲内の知識があれば解ける問題もあるので、基礎学習は忘れずに行なうようにしましょう。

■行政法┃勉強に充てる時間:230時間程度

行政書士試験で最重要課目となるのが行政法です。全体の37.3%の得点を占めているため、勉強に充てる時間も十分すぎるぐらい確保しておく必要があります。出題範囲の広い行政法は、それぞれの範囲を捉えた上で勉強に臨むようにしましょう。

「行政法総論」「行政手続法」「地方自治法」「行政不服審査法・行政事件訴訟法・国家賠償法」は、単元ごとに問題集を解いて、苦手項目を克服して余すことなく落とし込むようにしてください。

■基礎法学┃勉強に充てる時間:15時間程度

基礎法学は出題傾向に統一性がなく、また出題範囲も2.7%と低いため割り切りが重要になる課目です。例年2問しか出題されない基礎法学ですが、1問は難易度の低い問題が出題されます。そのため、テキストに記載されている範囲に限っては、目を通しておくようにしましょう。

■一般知識┃勉強に充てる時間:110時間程度

一般知識には【政治・経済・社会】と【情報通信・個人情報保護】と【文書理解】の3つがあります。

  • 政治・経済・社会

    政治では国内外の選挙制度、政治制度。行政改革に関する問題が出題されます。経済では金融政策や財政問題に関する基本知識、社会では社会問題や環境問題に関する出題が主です。

    政治・経済・社会に関しては、高校課程の基礎知識と時事分野を押さえておけば問題はないでしょう。

  • 情報通信・個人情報保護

    IT化が進み、情報保護への課題が重要視されている現在では、行政書士にとっても情報通信・個人情報保護に関する知識が必要不可欠です。特に個人情報保護は出題量も多い傾向にあるため、必ず得点へ繋げるようにしましょう。

  • 文章理解

    高校課程の現代文と考えても良いでしょう。時間をかければ確実に点数が稼げる課目です。しかし、時間との闘いでもある行政書士試験では、時間配分によっては割り切るのも大切です。最低でも1問は解けるようにしておきましょう。

  • 短期間で合格するためのコツ

    独学では合格が難しいとされている行政書士試験も、勉強法のポイントを絞り込めば合格することは可能です。「質」の高い勉強法を取り入れることで短期合格だって夢ではないでしょう。

    「質の高い効率的学習」「仕事との両立」という点から勉強法を考えると、やはり通信講座の利用がお勧めです。

    予備校などに通う手間がなく、自分で計画を立てなくても効率的な流れで勉強が行なえます。都合上、勉強に着手できない場合でも、後日に勉強課題を持ち越せるのは社会人にとって嬉しい限りです。

    また、試験対策に特化した通信講座では、出題傾向から必要なポイントをコンパクトにまとめたテキスト作りを行なっています。要点を絞り込んだテキストは、初学者にとっても勉強への負担がなく法学の入り口を広げてくれるでしょう。

    短期間合格を目指すなら、こんな通信講座がおすすめ!

    通信講座を受講する際は、教材にも注目しましょう。それぞれの機能をフル活用することで、短期合格への道も一気に近づきます。

    WEBでの連動サービスがある

    現在ではパソコンやスマホを使用した連動サービスも充実化しています。空いた時間で腕試しができるWEBテストや、理解を深めるのに役立つ講義動画。また、スマートフォンから講師へ質問も行なえるのです。単純に期間の短い通信講座というだけで選ばず、このような特徴のある通信講座を選ぶと効率のよい学習に繋がります。

    学習期間が短い行政書士講座3選

    キャリアカレッジジャパン
    価格 46,000円
    ※WEB申し込み時
    キャリアカレッジジャパンの画像
    公式サイトを見る
    学習期間 約4ヶ月(120日)
    アフターフォロー日数 12ヶ月
    不合格で返金有無 全額返金保証あり
    特徴
    • 最短で資格取得可能。約4ヶ月で合格を目指す教材は効率◎
    • 効率・質を両立させながらも圧倒的にリーズナブルな価格設定
    • 質問や添削の受付期間は12ヶ月と長く、安心して受講できる
    • 万が一不合格の場合は、受講費用の全額返金システムあり
    エルエー
    価格 99,000円 エルエーの画像
    公式サイトを見る
    学習期間 3~11か月(110時間)
    アフターフォロー日数 WEB質問システム
    質問カード
    不合格で返金有無 なし(再受講割引あり)
    特徴
    • 講義DVDを中心に学習する講座としては破格の99,000円
    • 全60回の講義で効率よく学習を進めることができる
    • 初学者指導に定評がある山口朝重氏が講師を担当している
    • 受講生なら質問が気軽にできるサポート体制が整っている
    ユーキャン
    価格 63,000円~ ユーキャンの画像
    公式サイトを見る
    学習期間 6ヶ月
    アフターフォロー日数 ※試験実施月までが6ヶ月未満の場合、翌年の試験まで添削・質問可能
    不合格で返金有無 なし
    特徴
    • 標準学習期間は6ヶ月と短く、効率よく合格ラインを目指せる
    • 徹底した過去問対策を用意しており、解説は他社テキストの3倍
    • 学習計画作成システムで、自分だけのスケジュールを組める
独学派必見!行政書士の通信講座最安ランキングBest3

行政書士の通信講座最安ランキングBest3

ユーキャン

ユーキャンのキャプチャ画像
価格
63,000円
学習期間
6ヶ月
返金保証
なし

公式サイトを見る

キャリアカレッジジャパン

キャリアカレッジジャパンのキャプチャ画像
価格
46,000円
学習期間
約4ヶ月
返金保証
全額返金

公式サイトを見る

フォーサイト

フォーサイトのキャプチャ画像
価格
67,350円
学習期間
記載なし
返金保証
なし

公式サイトを見る

<免責事項>
当サイトで紹介している通信講座に問い合わせる場合は、各HPにて最新情報をご確認しご自身の責任でお申込みください。
掲載情報の詳細など各種お問い合わせは、各社様へお問い合わせくださいませ。

pagetop